thinkPlanet

この星が楽園に戻る日を夢見て

引退宣言撤回

最近、ほとんど家にこもりっぱなしです。

12月に買った本のうち、読み終わっていない本が3冊あるのに、

年末年始に読もうと、図書館で10冊ほど本を借り、

そのうち4冊は読み終わっていないのに、

今年になってまた4冊買ってしまいました(^^;

 

f:id:serenaO:20190110185538j:plain

読み終えたい

 

そして、編み終わっていないカーディガンとひざかけがあるのに、

息子に新しいマフラーを編もうとセールで毛糸を買ってしまいました。

 

f:id:serenaO:20190110190843j:plain

編み終えたい

 

縫いかけの服と、まだ縫い始めてもいない生地もあります(--;

 

『私が足りない』『私がもう一人、いやもう二人ほしい』と、

思わず心でつぶやいてしまいそうになります。

 

そして、ハッとするのです。

私が思うことって、大体現実してしまうのです。

ということは、そう遠くない将来、実現してしまうかも知れない。

そう、ロボットとか、クローンという形で・・。

 

いやいや待て待て!

本を誰かに代わりに読んでもらっても意味ないし・・・。

編み物も縫い物も、そもそも既製服を買った方が安くて早い。

それでも、自分の手で創り出したいからわざわざやっているわけで・・・。

 

そう、人間はこの「体験」がしたいんですよね。

なぜなら、体験をするために生まれてきているから。

 

誰かに全てをやってもらって、自分は何もしないなんて

きっと耐えられなくなると思います。

 

本にしても、一行、一文字を読みながら、

自分なりの体験や感情や思考を織り交ぜながら

咀嚼するように向き合いたいのです。

それはロボットにもできないし、ましてや、

本の内容を丸ごと、直接脳に送り込むような機械では意味がないのです。

 

だから、私はまだ人間としての不自由さを楽しみながら、

時間が足りない、自分が足りない。。。などと言いながら、

あたふたと生きていくしかないと思っています。

 

それこそが、もしかしたら最大の贅沢なのかもしれません。

VIVA人間。

 

というわけで、(もともと私はしてないけど)取り下げです。

 

thinkplanet.hatenablog.com

 

 

 

 

                             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはthinkplanet77@yahoo.co.jpまでお願いします。