thinkPlanet

この星が楽園に戻る日を夢見て

満月

三連休を利用して、娘が帰ってきました。

そして、来週には、私はまた東京に行かなければいけなくなりました。

そういうわけで、なかなか、四万十に帰れません。

 

thinkPlanetのスタッフは、それぞれ自分の仕事を持っていますが、thinkPlanetという器を使って、自由にしたいことを展開させるということもしています。

 

今、haruさんは、木材を利用しさインテリア部門を立ち上げようと考えているようです。インテリアは、私がかつて学び、進もうとしていた分野です。

haruさんと地元の製材屋さんとのコラボしで、私もアイデアやデザインを考えていきたいと思っています。

 

アイデアは、すでにあれこれ浮かんでいます。

どこかにショールームみたいなものを作ろうかなとも考えています。

楽しそうでしょ?

 

私は以前、インテリアコーディネーターの学校に通っていて、それも楽しくて好きな分野だったのですが、インテリアデザイナーの方がしたかったのじゃないかと卒業間際に気がつきました(遅い!)

 

それが、今、もしかしたら叶いつつあるのかもしれません。

 

叶ったといえば、

 

台北に住んでいた時、台湾スイーツにはまっていた私は、近くに、春水堂(台湾で有名な台湾スイーツの店)ができたらいいのに、、と思っていたのですが、少し前に電車で5分のところに出来ました!!

f:id:serenaO:20181123205218j:plain

 

 

春水堂は、タピオカドリンクが有名ですが

f:id:serenaO:20181123205240j:plain

 

 

私は、豆花(トウファー)という豆腐のようなスイーツに、煮たピーナッツを入れたものが好きです。

f:id:serenaO:20181123205338j:plain

 今は、砂糖抜きをしているので食べませんが、解禁日(時々ある)には豆花をいただきたいです!

 

 

今日、夕方東に向かって運転していたら、見事な金色の満月が正面に輝いていました。

そういえば今日は、藤原道長がかの有名な『望月の歌』を詠んでちょうど1000年目らしいです。1000年後の今日も奇しくも満月。芦屋では夕方まで曇りでしたが、綺麗な満月が見れました。

 

望月の歌は、誰しも聞いたことがある有名なものですね。

f:id:serenaO:20181123230026j:plainイメージ画像 fotolia

 

 

この世をば

我(わ)が世とぞ思ふ望月の

欠けたることも

なしと思えば

 

栄華を極めた時に詠んだ歌として有名ですね。

そんな道長も、今では過去の人。

人はどんなものを手に入れても、永遠の命は手に入れられないのです。

 

私も、欠けたるものがないと思えるほど、

今あるすべてのものに感謝して生きられるようになりたいと思います。

道長さんの歌の意味とはちょっと違うのですが。

台湾スイーツが食べたいとか、ついつい欲してしまうのですけどね、、、。

 

それでは、皆さんも、今夜は美しい月をお楽しみくださいね。