thinkPlanet

この星が楽園に戻る日を夢見て

愛と愛情の違いについて

今日も寒い1日でした。

朝、暖房がついていない部屋で起きる時に、 そろそろ覚悟が必要な季節になってきましたね。

 

でも、実は、私はあまり暖房が得意ではありません。

暑いのが苦手なのです。

寒いくらいの気温が好きで、暖房はなかなかつけません。

もともと体温が高く、真冬になるまで靴下もほとんど履きません。

有難いことに、この年になっても冷えとは無縁です。

風邪もほとんどひきません。

寒さに強いので、冬でも活動的に動けます。

 

こんな体になれたのは、父のおかげです。

 

まだ、幼かった頃から、子供部屋には、暖房がありませんでした。

寝るとき、布団から出ている顔は、寒さで痛みを感じるほどでした。

シンシンと冷えた暗い部屋で、冷たい布団に潜り込んだら、しばらく寒さでガタガタ震えているのですか、震えているうちに体が温まり、やがて布団の中がポカポしてきて、その暖かさに包まれて眠りにつくのです。

 

暖かい布団の中でまどろんでいると、早朝、父が部屋に入ってきて、全部の窓を開けて、『朝だよ、起きなさい』と一言言って出ていきます。

窓の外は銀世界。

 

雪を撫でで滑り込んできた寒風が、部屋の気温を下げ始めます。

着替えは、自分の部屋でしないといけないので、これ以上、部屋の温度を下げないように、慌ててベッドを降りて窓を閉めます。そして、また布団の中に逃げ込むのですが、冷気ですっかり目が覚めてしまいます。

 

寒い部屋での着替えは、いやでも機敏になります。まったり着替えてる余裕はありません。手早く着替えるために、前夜のうちに服の準備を抜かりなくしておきます。靴下、制服のリボン、ブラウスのアイロンかけ、ハンカチ。いかに素早く着替えるかを考えるようになるのです。

 

洗面所は、お湯は出ません。湯沸かし器はあるのですが、スイッチが切ってあるので、水で顔を洗うしかありません。

 

ようやく暖房の入ったダイニングで朝食になります。

 

どんなに寒い冬でも、個室に暖房を置いてくれなかったので(買えないほど貧乏だったわけではありません)、勉強するときは、布団を肩にかけたり、腰に毛布を巻き付けたりと工夫をしていました。かじかんで手が動かなくなると、指先だけ切った手袋をしていました。それでも、いよいよ寒くなると、外に走りに行きました(笑)

 

当時はそれが辛いとは思いませんでした。

小さい頃からそう育てられていたので、普通だと思っていたからです。

 

身体としては、もう自分で熱を発するしかないので、体温を上げて対応するしかないわけです。そうやって私の身体は寒さに強い健康体になったのです。

 

これは、本当に父に感謝しています。

そこまで徹底させるのは、父としても相当の忍耐が必要だったろうと、親になってわかりました。愛と信念がないと、できないことです。

 

私も親になって、子供かわいさから、つい過保護になってしまうのですが、父のことを思い出して、愛と愛情を間違えてはいけないと自分を戒めた時が何度もありました。

 

愛情は、自分のためにやるものです。

可愛いから、かわいそうだから、見ているのが辛いから、甘やかしてしまうのですが、それでは子供を弱くしてしまいます。

子供のためにはどうしたらいいかを未来を見据えて考えることは、愛です。

 

子犬をもらった時に、まだ小さい今のうちに我慢させる訓練をさせることが大切だと教えてもらいました。甘やかすと、大きくなって忍耐力のない犬になり、犬自身が苦しむことになるし、飼い主もそれで苦労するよと。犬も子供も同じなのだと思いました。

 

スパルタがいいと言っているのではありません。

愛と愛情は違うということを言いたいのです。

 

愛は、一見、厳しく感じることがありますが、本当はとても優しいものだと後でわかることが多いです。

愛情は、そのときは優しいと思うのですが、後で、そのために苦しむことになったり、苦しまないまでも、弱くなったりしてしまうことにもなると言いたいのです。

 

人付き合いにおいても、動機が愛なのか愛情なのかは違います。

大切な友人であれば尚更のこと、その人にとって言うべきことを言ってあげることは愛であり、そのときは怒らせてしまっても、愛から出た言葉なら必ずいつか伝わります。

 

でも、単に良い人に思われたいから、その人の望む言葉を言っであげたり、する必要のないことをしてその人の自立を邪魔してしまうようなら、その関係は依存になったり、あるいはいつか破綻することになりがちです。

 

私は、割とどう思われても構わないと開き直ってるとこがあるので、心にないことは口にしないし、嫌なことははっきり伝えるし、相手のために言った方がいいことは言ってしまうし、性格的に嘘が言えないので、時には怒らせたり不快な思いをさせてしまうことがあることは自覚しています。

 

でも、嫌われることを恐れてないのであまり気にしていません。

本音の部分で私とお付き合いしてくれると人とだけお付き合いしたいし、そのためには、私もそうだし、相手にも正直であってほしいからです。

私も弱いとこがあるので、優しい言葉だけを聞きたい時も正直ありますが、それが愛から来るものでないとしたら、いつか歪みが出てきてやがてその人たちとの関係は破綻していくことは、これまでの数多い関係でわかっているのです。

 

耳が痛いことを言われて凹むことがあるでしょうが、からかいや嫌味や悪意から来るものでないなら、自分を成長させてくれる貴重なメッセージだと気がつき、気づかせてくれたことに感謝できるでしょう。

 

これからの世界は、そう言う本物の関係が特に大切になると思います。

親子、夫婦、友人、上司と部下、師と生徒。どの関係であっでも、うわべやそのときかぎりではない愛に基づいた言葉や行いで繋がってほしいと思います。

 

嫌われることを恐れないで、愛を実行してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはthinkplanet77@yahoo.co.jpまでお願いします。