thinkPlanet

この星が楽園に戻る日を夢見て

ハルのカフェ計画

スタッフのharuです。

 

私の新しい職場では、カフェをやろうという計画があるのですが、

今ある建物を利用して作ると、やはりどうしても和風カフェになるのです。

 

私としては色々やりたいことがあるのですが、人員、材料、資金の問題で、

今あるものを最大限に利用して、新しいものを組み込んでいくという進み方

しかなく、どうしたものかと毎日思案しながら過ごしています。

  

シーナさんと岳さんも来て、一緒に考えてくれています。

常連の大工さんたちも、私達の意向を何とか叶えようとしてくれています。

ある夜、ドアを変えたいと大工さんに話したところ、次の日の昼に店に行くと

すでにドアを和風のドアに変えてくれていました。

その上、木のお盆が10枚欲しいとお願いしたら、その日の夕方には

作ってきてくれました。

「焼き杉にしたいので杉板でお願いします」と、

言いたい放題にもかかわらず、

「めんどくさいこと言う奴やなぁ~」

そう言いながらも、作ってきてくれました。

 

本当に、この地域の方々は優しい人が多く、

いつも感謝の気持ちがこみ上げてきます。

 

一昨日のせれなさんの記事にもありましたが、

人は優しいだけでいいのではないかと私も思いました。

 

どうすれば人は楽しく過ごせるのでしょう。

助け合っていこうとする気持ちで、関わる人たちと信頼を築き、

お金や地位や名誉など一切関係ないところで繋がる関係。

それは愛で繋がる関係であり、人はそれを幸福と呼ぶのではないでしょうか?

 新しい職場では、日々そんなことを感じながら過ごしています。

 

店の前には雄大な四万十川が流れ、店の窓の外に広がる景色は

ため息が出るほど素晴らしく、迫力があります。

この眺望と、地元の山から切り出した木でできている自然な風合いを

活かしたカフェを作り、地元の人にも、観光で訪れる人にも癒しを与え、

リフレッシュできる場所を作れたらと思います。

 

f:id:serenaO:20180910201739j:plain

店の前の景色。雨の日も雰囲気があります。

せれなさんは、雨の日にはショパンを聴きながら静かにコーヒーを飲みたい

わと、そんなカフェを期待しているようですが、和カフェですから!

 

これからは時々、カフェ計画の進行状況をブログで報告していく予定です。

みなさんもどうぞ、応援よろしくお願いします!

 

無断転載不可

お問い合わせはthinkplanet77@yahoo.co.jpまでお願いします。