thinkPlanet

この星が楽園に戻る日を夢見て

Kさんから感想をいただきました

thinkPlanetでは、水曜日から一組のご夫婦が滞在されています。

実は、数週間前に、奥様の個人セッションをした際に、問題の深さに、thinkPlanetに来るようにお誘いしたのです。

数日、滞在しているうちに、ご主人の方も個人セッションをしてほしいという希望があり、本日、個人セッションをさせていただきました。その感想をいただきました。

 

せれなさんはじめスタッフの皆さま、どん底で八方ふさがりの私達夫婦を快くお誘い下さり、受け入れて下さり、ありがとうございます。

 

こちらに滞在させて頂く中で、彼女が笑顔を取り戻し、生き生きとして料理を振る舞う姿を見るにつけ、更にその料理を皆さまが「美味しい、美味しい」と喜んで下さり、感無量と言いますか、はるばるこちらへ来て良かったなと思います。

 

せれなさん、私のためにセッションをして下さり、ありがとうございました。私の潜在意識の声は、とても腑に落ちるものでした。

 

私の今生のテーマは「愛する妻を幸せにすること」その一点のみで、他に関心は全く無い、との事でした。

 

ですが現状は、妻のことを幸せに出来ていない。その現実に絶望・悲しみ・怒りで一杯で、自己嫌悪に陥り、どうして良いかわからない。

 

それで、妻の言った通りの事をやろうとするけれど、言われた通りの事をしてるだけで、ハートが無い。妻の気持ちを全く理解していない。


夫婦の会話が滅茶苦茶で、コミュニケーションになっていない。


私に自己卑下があるために、気を遣いながら話すため、本来の会話が出来ていない。額面通りにとるのでは無く、ハートで感じる感受性を培って、気持ちを理解すること。

 

女性は護られて安心・安全な家庭で子育てをすることで満たされる。
そのための環境づくりをするのが夫の役割。
だから逆に、父親が子どもに嫉妬するのは一番やってはいけないこと。

 

今、彼女はボロボロの限界まで疲れ切っている。
これ以上は命に関わる。

 

「地球を汚したくない」などと仕事を選り好みしなくて良い。
地球はそんなにやわではない。

生きるためにする仕事に貴賎は無く、総て素晴らしいはず。

何でも良いから、幸せに生き抜くために仕事をして、夫として経済的に支えること。


体力無いからと寝てばかりでは衰える一方。体力・筋力をつける努力をすること。もっとたくましくなるために武道をするのも良い。

 

セッションを受けて、何でもいいから、仕事を探して収入を得て、妻を精神的にも経済的にも楽にさせてあげたいと思いました。

 

そうすることで、日常の中で、妻の笑顔を取り戻していければと思いました。道のりは長いかも知れませんが、その一歩を何でもチャレンジして踏み出したいと思いました。

 

改めて、勇気と元気をくださったせれなさんとスタッフのみなさまに感謝します。ありがとうございました。

 

今、この文章を打っている横のミーティングルームで、このご夫婦もスタッフと一緒に大笑いして いらっしゃいます。また、生きる勇気と元気が出てきて、本当に本当に嬉しく思います。ここを第二の家と思って生きていってくれたらと思います。

 

 

無断転載不可

お問い合わせはthinkplanet77@yahoo.co.jpまでお願いします。