thinkPlanet

この星が楽園に戻る日を夢見て

シンクロへの旅

私は兵庫県に移り住んでから、あまり遠くに出かけなかった為、お隣りの岡山県や大阪府についてはもちろん、兵庫県内に関しても土地勘がほとんど培われないまま6年が過ぎました。

 

地図で見ると兵庫県はとても広くて、岡山県や大阪府だけでなく、京都府や鳥取県とも隣接していたのですね。淡路島の先には徳島もある。

 

そんな私も、家族に誘われて旅行をすることがたまにはあります。

昨日も、娘に誘われて日帰り旅にでかけてきました。

JR芦屋駅から電車に乗り、まず降り立ったのは、

f:id:serenaO:20180818210951j:plain

 

f:id:serenaO:20180818211039j:plain

そう、姫路です。駅から歩くこと15分。白鷺城とも呼ばれる美しき姫路城。

夏の青空に白壁が見事に映えていました。

真昼の炎天下を歩いてきたのに、ここで引き返すことに。

乗り換えの電車の時間が迫り、足下から見あげただけで駅へ戻りました。

 

本来の目的地は姫路ではなく、こちらだったからです。

f:id:serenaO:20180818211029j:plain

そう、倉敷です。

先月、甚大な水害が発生した真備町も倉敷市にあります。

こういう時は、観光客も減ってしまうだろうからこそ、行って応援しようよということで急遽、行くことを決定!

 

 

倉敷駅から15分ほど南に歩くと、美観地区があります。

f:id:serenaO:20180818211019j:plain

美観地区は、白壁になまこ壁が美しい時間が止まったような町並み。

地区の中を流れる倉敷川を柳並木や桜並木が縁取っています。

ほっと癒される景色です。

f:id:serenaO:20180818211246j:plain

 

有名な大原美術館も

f:id:serenaO:20180818211256j:plain

 

その隣に建つ蔦に覆われたカフェ、エル・グレコもただ写真を撮っただけで通過。

f:id:serenaO:20180818211008j:plain

 

やはり蔦に覆われたアイビースクエア(元紡績工場)

f:id:serenaO:20180818211225j:plain

 

建物は現在、ホテル。中庭はビアガーデンに。

f:id:serenaO:20180818211215j:plain

 

備前焼、児島デニムショップ、帆布のトートバッグ屋、吹きガラス食器の店など倉敷らしい店があちこちに。さらにプロダクトデザイナーさんや服やバッグや帽子デザイナーさんがそれぞれ特徴のある工房とショップを運営されていて、その店を見て回るのも楽しかったです。

f:id:serenaO:20180818211445j:plain

 

でも、私が一番驚いたのがこの景色です。

f:id:serenaO:20180818211236j:plain

この景色を数年前にヴィジョンで見たことがあったのです。

町並みが古かったので、どの時代のどこの場所だろうと思っていました。

白壁の古い町の中にコンクリートのトンネル。その上にはお寺があったのです。

まったく同じ景色が出てきて、一瞬、固まりました。

あれは、ここだったのか!

でも、なぜこの景色を見たのかは謎のまま(笑)

 

最後に、美観地区の真ん中にある阿智神社へ。

f:id:serenaO:20180818211414j:plain

境内の端にある、景色を一望できる建物に入ると、なんと、たまゆらや不思議な光の写真展をやっていました!(このノリ、好きです)

f:id:serenaO:20180818211435j:plain

たまゆらといえば、ちょうどこの日、スタッフの岳さんがたまゆらに関する記事を出してくれていたので、まさにシンクロと思い、写真をパチリ。

 

シンクロと言えば・・・・

 

先日個人セッションをした方に、その時、ある自治体のサイトをお教えしたかったのですが、私はすっかりその村の名前を忘れしていまい、思い出したらご連絡しますと伝えてありました。でも、この日、岡山に来たことで突然、その村の名前を思い出し、帰宅すると、その方にメールでお伝えできました。

 

その村の名前は、岡山県西粟倉村(にしあわくらむら)といいます。

震災直後、私がまだ横浜に住んでいた頃、たまたま見つけたこの村のサイトからお米を取り寄せていました。

 

芦屋に引っ越した後、田舎にも拠点がほしくて探し始めた当初、偶然、岡山県の東粟倉村(現在は美作市)にある愛の鐘ベルピール自然公園を訪れ、すっかりその地のファンになり、数度訪れました。その時、お米を買っていた西粟倉がすぐ隣りにあることがわかり、何度か立ち寄りました。

 

その方に西粟倉村のサイトをご連絡した翌日(つまり今日)、別の方からメールが来て、『今日、岡山県北部の西粟倉村と東粟倉村に行って来ました』と。なんというシンクロなのでしょう。もう、驚きを通り越して、ブラボー!と叫んでしまいました。

 

人の意識のつながりがこういうことを引き起こすのですね。

thinkPlanetは、田舎にある森や農業を軸としてそこの自然と調和した製品も作り、それを都会の人たちに紹介して、田舎をただの過疎地ではなく、素敵な場所(天上界に近いような美しい場所)に変えたいという思いがあります。

 

西粟倉村はそのお手本のひとつになるかもしれないと思っていました。でも、何か今ひとつ・・・・と考えていたら、西粟倉をご紹介した方から返信メールが。。

 

あるハーブ園をご紹介いただき、

『天上界のような景色を見ながら、自然と人間が共存するための 何らかのヒントになるのではないか?とも思いました。』

 

まるで、私の心の声を聞いてくれたかのような言葉。

そのハーブ園のサイトを開き、ああ、埋まった!まさにこういう場所を作りたいんだと、埋まらなかったピースがはまったかのような感覚でした。

 

こうして、思い立って行った倉敷日帰り旅ですが、こんな結果をもたらしてくれたのですから、本当に人生、何が必要で起きているかわかりません。思い切って遠出して正解でした。行動って大事ですね。

 

それでは、みなさまも良い週末を!

 

無断転載不可